取扱い商品のご案内

 日本は世界でも有数の火山国です。故に農地も大半が火山灰土壌に覆われており、また年間の降水量も多く、カルシウムをはじめとした塩基の流亡も激しく、作物の健全な生育に必要なミネラルも慢性的に不足の傾向にあります。
 また化学肥料が一般的に農業利用され始めてから数十年、作物生産が飛躍的に向上した反面、偏った化学肥料の利用や過度の農薬の使用などにより土の中の微生物相やミネラルのバランスなども崩れ、各種の連作障害、土壌病害の発生など健全な農業生産が危うい状態になっています。
 グローバルな時代を迎え、日本農業の生き残り策として六次産業化や農商工連携などが叫ばれている昨今ですが、その元になるのは農業生産そのものであることは間違いなく、ただ生産すれば良いだけでは無く、より付加価値の高い商品つくりのためにも高品質な作物生産が求められます。
 当社は永年に渡り生産現場に密着し、土つくり、作物・家畜生産に優れた農業経営者の皆様方とともに、これからも健全な農業の発展と地域産業の発展に微力ながらも協力させて頂く所存です。

骨炭(特殊肥料)

骨炭

動物の骨を空気を遮断し、熱分解して炭化させた肥料です。「ボーンエースR骨炭」は、日本国内の製糖メーカーが砂糖製造時のろ過材として使用した後の回収骨炭です。火山灰土の中でも土壌固定しづらいリン酸カルシウムを主成分として、鉄、銅、亜鉛、マンガンなどの微量ミネラルも含み、多孔質の性状により土壌中の有用な微生物の生息地にもなり、土の微生物活性化の向上、高品質な作物生産、健康的な土つくりのお手伝いをします。
>> 商品一覧をみる

骨灰(天然アパタイト)

骨灰

動物の骨を空気を流通させ、高温で燃焼し製造されます。その使用は飼料安全法の中でも正式に使用が認められています。
リン酸カルシウムを主成分とし、素材由来の吸収効率、生体親和性が高く、牛を始めとして家畜の生産段階から競走馬の生産、中央競馬の日本国内でもトップクラスの厩舎での利用など、当社の全ての動物用飼料のベースになっています。
>> 商品一覧をみる

酵素肥料

作物や家畜、また人間においても摂取した栄養や肥料成分を消化、同化、また再結合して行くためには酵素は無くてはならない存在です。
その酵素を積極的に活用することにより、作物の生育をコントロールし、品質を高め、味の良い作物生産を可能にした「唐津酵素農法」に最適な酵素肥料をご用意しました。

最新情報

  • 2016年 6月 3日 酵素肥料に関するページを追加しました
  • 2013年11月25日 サイトリニューアルしました

児玉社長のブログ 「ホネまで愛して・・・」 更新情報